経営的にマイナスになるかもしれない

医療機関が診療報酬を請求しても、そのすべてが請求通りに支払われるわけではないようです。
傷病名と診療行為に疑問があれば、請求書は医療機関へ返戻されています。
他にも、保険証を持たない患者さんが受診した場合など、医療内容ではなく、受診者の資格関係での不備でも返戻されています。
今、医療機関を受診する際、毎月、保険証の提出を求める理由はこうした誤りを防ぐためです。
返戻されるとなれば、翌月に再提出することになります。
受け取れるはずの報酬も1ヶ月遅れることになり、多くの医療機関では院内審査、事前点検を行っています。
また、保険診療のルールに照らし合わせて、妥当でなければ減点される査定に注意が必要なのは、病院が顧客となっている業界です。
例えば、製薬会社が挙げられますが、自社製品の適正使用に関する情報に、査定や返戻されない算定要件を付け加える、たったこれだけで顧客となる病院からの信頼度は高まります。
算定ルールがカギ、例えば、用法量に年齢や症状により便宜増減と記載がある薬剤、通常量より増量して使うだけなら減点ですが、レセプトに重症という記載をすれば減点されません。